カナダ留学情報 - カナダのワーキングホリデー
 
 
 日本の英語学校で仕事をしていた時に、沢山のワーホリ後悔組に出会いました。
 ワーホリをする側からすると1年と言う短い時間ですが、イザ帰国して就職活動を始めると「1年も海外に居たら英語の対応くらい出来るでしょ」という予想外の期待があって、もう少し英語の勉強をすれば良かったと感じるようです。日本で英語学校に通いたいと思っても、海外に比べるととても高くて、なおさら何で海外に居たのにもっと英語の勉強をしなかったのだろう?と言うのです。

 しかし、「ワーホリの人は〇ヶ月くらい学校に通っています」と言う一般論とか予算とかワーホリパッケージとかの理由だけで語学学校や通学期間を決めている人も多く、ワーホリに行く前から帰国後の事まで考えてくれるエージェントは殆どないでしょう。英語が出来ない人には英語力の要らない仕事があるし、日本人の友達とシェアして日本語だけでも暮らしていく事も可能なので、エージェントも生徒さんも英語力が低くても現地では困らないんです。

 ワーホリに来る生徒さんは、カナダ人とシェアしたいとか地元のカフェで働きたいとか色々な国のお友達を作りたい、帰国して英語を使う仕事に着きたいとかカナダで出会った友達を訪ねて一人で海外旅行を出来るようになりたいとか色々な希望を持ってカナダに来るのです。

 貴方のワーホリ像、未来像はどんな物でしょう?一度きりのワーキングホリデーのチャンスを充分に活用できるように哲子の部屋にお手伝いさせて下さい。
 
 

無料留学相談

無料カウンセリング予約
 
Image: graur codrin / FreeDigitalPhotos.net
Copyright©2011 TNH Information, All Rights Reserved.