何故バンクーバー?人気の秘密
 
 
 〜バンクーバーが留学先、ワーキングホリデー渡航先に選ばれる理由〜
 
 
 何と言っても穏やかな気候!ワーホリを考えたときに「カナダ=寒い」が最初のイメージだったんです。でも、バンクーバーの冬は穏やかで雪もあまり降らないし、東京の寒さと同じくらいでした。でも夏は天国です。夏は湿気が無いし暑すぎないし爽やかな避暑地に暮らしているみたいで、夏をバンクーバーで過ごしてから帰国したいと言う意味が良く分かります。
 
 人が親切で住み易いから!バンクーバーは住み易い街ナンバー1に何度も選ばれているって語学学校の先生が自慢していました(笑)。ダウンタウンにビーチがあって昼間からビーチを散歩している人が沢山居たりしてのんびりしていますね。地図を持って居ると一緒に場所を探してくれる人とかも多くて、バンクーバーの人は親切ですよ。
 
 前にオーストラリアに行った事があるのですが、英語の訛りがきつくてかなりショックでした。自然が多いのんびりした良い所だったのですが、自分の英語も訛ってしまうのが怖くて、英語の勉強をするなら発音の綺麗な国と思っていました。カナダ人の発音は綺麗で聞き取りやすいです。
 
 仕事の選択肢が多い事かな。ジャパレスとか日系の旅行会社とかだけでなく、地元のカフェやレストランで働いている人も沢山居るとワーホリに行った友達から聞きました。まずは英語を頑張ってカフェで働きたいです。
 
 安全かな。うちの親が心配性で、はじめ留学の話をした時にはアメリカの銃乱射事件とか取り出して難色だったんです。でも、カナダに行くと言ったとたん、今度は遊びに行けると大賛成。確かに私も銃の無い国が良いですね。
 
 もちろんスノボでしょう!!! あの有名なウィスラーも日帰りできるし、街中から30分程度で行けるスキー場が3つもあるので放課後にスノボに行きますよ。ナイターはバンクーバーの夜景がとても綺麗ですよ。
 
 

無料留学相談

無料カウンセリング予約
 
Copyright©2011 TNH Information, All Rights Reserved.